はじめに 余計な不安を抱かないために

PSA検査の結果が基準値をオーバー!「グレーゾーン」をさまよう、男性の方々へ... 基準値を超えると、前立腺がんの可能性があるとされるPSA検査。でも、前立腺肥大症や前立腺炎でもPSA値は上昇するのです。

正しい情報と、不安の払拭のために

近年、急増している前立腺がんの早期発見に有用なPSA検査。検査では基準値を超えると、前立腺がんの可能性があるとされます。しかし、がんと確定診断されたわけでもないのに、基準値を超えてしまったPSA値に不安を抱えながら日常生活を送っている男性が多いのもまた事実です。そのような状況のなかでこそ、正しい情報を得て、過剰な不安を抱かないために活用していただきたいのが、この「前立腺ケア.com」です。

年齢階層別PSA基準値

年齢 基準値
50〜64歳 3.0ng/ml 以下
65〜69歳 3.5ng/ml 以下
70歳〜 4.0ng/ml 以下

※ナノグラム(ng)は、10億分の1グラムを表す重さの単位です。

基準値超えの「グレーゾーン」... 日本人男性の現状は、大きく3つのタイプ。

がんと確定診断されたわけではないけれど、グレーゾーンで悩む男性たちが増えています。

自覚症状はなにもないが、PSAが基準値超えでただただびっくり。 前立腺肥大症で治療中。前立腺がん患者の多くが肥大症を併発と聞いて、先が不安。 生検を受けても、がんは見つからず。だからといって喜べないPSA値の高さに悶々。

PSA検査の結果、異常を指摘されたらだれもが不安になります。しかし、PSA検査はあくまでも前立腺がんの腫瘍マーカー検査で、診断結果ではありません。PSA自体は前立腺液に含まれるたんぱく分解酵素で、前立腺がん特有のものではありません。たとえがんと診断されても、前立腺がんは進行が遅く、早期発見なら、適切な治療を受ければ根治も可能です。
また、前立腺肥大症や前立腺炎などでもPSA値は高くなります。前立腺やPSAに関する理解を深めることが、不必要な不安に陥らないための第一歩です。

50代の基準値は3.0ng/ml以下? 4.0ng/mlまでが基準値だと思っていました。 最近は、年齢別に基準値を設けて見ていく傾向にあります。 私の場合は、前立腺肥大症でPSA値が上昇。でもがんへの不安は拭えません。 前立腺がんの発症リスクは年齢とともに高まりますが、肥大症とがんは異なる疾患です。 発症したらどうしようという思いがつきまとう日々。精神的に疲れます。 まずは、PSA検査に対する知識を深めることから始めましょう。

Part1 PSA検査について知ろう